INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

DIY オーディオラック製作 -No.5 概略図編



オーディオラックの概略図を作ってみました。


用意するもの

  • 角材(支柱) 900mm*51mm*51mm程度の角材3本
  • 角材(フロントバー)448mm*51mm*51mm程度の角材4本
  • 角材(ブリッジ) 350mm*51mm*51mm程度の角材4本
  • 天板 550mm*450mm*23mm程度 1枚
  • 棚板 448mm*400mm*12mm程度 3枚
  • 鬼目ナット M6*20 16個
  • ジョイントボルト M6*50 12本
  • ハンガーボルト M6   4本
  • 耐震マット 適量

 ハンガーボルト接合の時に「ナット」が必要になる場合があります。

 この材料で高さ900mm、幅550mm、奥行450mm程度のオーディオラックが出来ます。
 
 このラック幅は17インチ+ラックマウントユニットサイズですので、19インチサイズ機器の場合は適宜フロントバーとブリッジの長さを増して調整して下さい。
 
 同じく各棚の高さは188mm程度ですので、適宜調整して下さい。
 
 ラックに乗せる機器のサイズや荷重に合わせて材料、寸法を決めてください。
 
 このラックでは角材はタモ材、天板はオーク集成材、棚板はMDF材を使っています。




赤松集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:2180円(税込、送料別)

タモ集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:3280円(税込、送料別)


道具

  • 電動ドリル+木工用ドリルビット(M6、M9)
  • 六角レンチ
  • (のこぎり)

 塗装の場合

  • 蜜蝋ワックスや水性塗料(透明)
  • 刷毛や布切れ


概略図
 支柱、フロントバー、ブリッジは全て同じ角寸でOK。

 支柱とブリッジ、支柱とフロントバーはジョイントボルト接合。

 ブリッジとフロントバーはハンガーボルトで接合。

 ハンガーボルト接合が困難な場合はL型アングルやT型平板でブリッジとフロントバーを接合。
 
 ブリッジにねじ込んだハンガーボルトは右向ねじ方向でフロントバーの鬼目ナットと接合しT型のパーツにし、その後に支柱と接合するプロセスです。
 
 天板は作るサイズの最大長さ(幅、奥行)です。棚板は角材サイズを引いたサイズ。
 
 天・棚板は固定していません。棚板は手前に引き出せ便利。




 基本的にはスピーカースタンドと同じ作り方ですので、要領を覚えたら比較的に簡単に作れます。
 
 難易度Aはブリッジとフロントバーをハンガーボルトで接合する所。まっすぐ穴を開け下さい。そして六角レンチでボルトを木材にねじ込む時に「ナット」が必要かも。コツが必要です。
 
 蹴ったら倒れたとか投げたら壊れたとかのクレームや保証は一切お受けしません。自己責任で。
 
 完成品の精度はあなたの技量次第ですので、はじめから既製品と比べない方が無難です。
 
 楽しんで作ってね♪





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る