INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。 


「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。
「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」



「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。
「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。



窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。
車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」
「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」



電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。
エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。



僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。


 *この物語はフィクションです。




関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ
コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ




DIY オーディオラック製作 -No.5 概略図編



オーディオラックの概略図を作ってみました。


用意するもの

  • 角材(支柱) 900mm*51mm*51mm程度の角材3本
  • 角材(フロントバー)448mm*51mm*51mm程度の角材4本
  • 角材(ブリッジ) 350mm*51mm*51mm程度の角材4本
  • 天板 550mm*450mm*23mm程度 1枚
  • 棚板 448mm*400mm*12mm程度 3枚
  • 鬼目ナット M6*20 16個
  • ジョイントボルト M6*50 12本
  • ハンガーボルト M6   4本
  • 耐震マット 適量

 ハンガーボルト接合の時に「ナット」が必要になる場合があります。

 この材料で高さ900mm、幅550mm、奥行450mm程度のオーディオラックが出来ます。
 
 このラック幅は17インチ+ラックマウントユニットサイズですので、19インチサイズ機器の場合は適宜フロントバーとブリッジの長さを増して調整して下さい。
 
 同じく各棚の高さは188mm程度ですので、適宜調整して下さい。
 
 ラックに乗せる機器のサイズや荷重に合わせて材料、寸法を決めてください。
 
 このラックでは角材はタモ材、天板はオーク集成材、棚板はMDF材を使っています。




赤松集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:2180円(税込、送料別)

タモ集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:3280円(税込、送料別)


道具

  • 電動ドリル+木工用ドリルビット(M6、M9)
  • 六角レンチ
  • (のこぎり)

 塗装の場合

  • 蜜蝋ワックスや水性塗料(透明)
  • 刷毛や布切れ


概略図
 支柱、フロントバー、ブリッジは全て同じ角寸でOK。

 支柱とブリッジ、支柱とフロントバーはジョイントボルト接合。

 ブリッジとフロントバーはハンガーボルトで接合。

 ハンガーボルト接合が困難な場合はL型アングルやT型平板でブリッジとフロントバーを接合。
 
 ブリッジにねじ込んだハンガーボルトは右向ねじ方向でフロントバーの鬼目ナットと接合しT型のパーツにし、その後に支柱と接合するプロセスです。
 
 天板は作るサイズの最大長さ(幅、奥行)です。棚板は角材サイズを引いたサイズ。
 
 天・棚板は固定していません。棚板は手前に引き出せ便利。




 基本的にはスピーカースタンドと同じ作り方ですので、要領を覚えたら比較的に簡単に作れます。
 
 難易度Aはブリッジとフロントバーをハンガーボルトで接合する所。まっすぐ穴を開け下さい。そして六角レンチでボルトを木材にねじ込む時に「ナット」が必要かも。コツが必要です。
 
 蹴ったら倒れたとか投げたら壊れたとかのクレームや保証は一切お受けしません。自己責任で。
 
 完成品の精度はあなたの技量次第ですので、はじめから既製品と比べない方が無難です。
 
 楽しんで作ってね♪





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release