INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

コラム 音楽メディアとフォーマット Part2



音楽を愛する一人として

 デジタルメディアの時代に入り、音楽産業界から著作権、著作隣接権の適正化が図られないとの意見を耳にすることが多くなりました。これには2つあって、一つがデジタルツールがプロアマ平準化され、プロの技術や経験が活かされにくい産業になりつつあるということ。もう一つがイリーガル市場からプロパー市場の売上げが阻害され産業に悪影響を与えているということ。

 この2つの話は音楽業界だけの話ではなく他分野でも同時に起こっているはずなんです。陳腐な言い方をすれば、産業構造の転換期ということなのでしょうけれど、紙と鉛筆とそろばんの時代に後戻りできないのと同じでデジタルツールを使う時代を止めることは出来ません。また紙媒体が電子媒体になる壮大なメディアイノベーションの歴史を否定することはできません。なぜなら著作権はその歴史そのものだからなのですが、特に音楽産業が知的財産権(著作権、著作隣接権・・・)の収益に依存している産業だからこそ、デジタル化の影響が大きいと言えるのかもしれません。

 そこでどうするのか?という議論は政策論になるので拙ブログでは取り扱いません。ただ、音楽と楽器を趣味にしている者として、音楽に関わっている方の活躍は今後も期待していますし、小さいながらも出来ることはある訳で、例えば一つは著作者の権利は公正に守られるべきなのでイリーガル市場を許容しないということ、もう一つは良い音楽を聴くということなんだと思います。良い音楽ってのは語弊がありそうだけれど、クオリティとかスケールじゃなくて音楽を楽しむってことなんだと思います。

 そんなことで音楽産業界が守られるのか!?と言われれば、残念ながら私は音楽産業界のために音楽を聴いている訳ではありません。それならばデジタルメディアの時代にベネフィットとコストの仕組みが追いついていないんじゃない?という指摘と新しいデジタルメディアのアイデアを受け入れてみてはどうでしょう?


本来、音楽は演奏家と聴衆で成り立つものなのですから。


コメント

ラベル別INDEX

もっと見る