INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

LINN SNEAKY MUSIC DS -No.16 システムとネットワークの見直しと雑感編



SNEAKY DSを使うなかでのシステムとネットワークの変更点と雑感をレビューです。


まず、NAS QNAP TS-119を別室(CTU、ルーター横)に移動しました。理由は、
1. 家族がネットワークオーディオを利用する様になったこと。
2. NASのHDDの音が気になる。

1. は以前の投稿内容ですが、NASでの音楽、写真、動画、ドキュメントファイルを家族で共同管理することを私は歓迎しています。2. は自室が遮音性が比較的良い空間で屋外音が然程気になりません。そんな中で、NASのハードディスクがキュルキュル音を立てることが、どうにも・・・。ハードディスクの個体差なのかもしれませんが、NAS本体はファンレスなので無音です。


■変更前




■変更後

【黒線】 常時配線、【緑線】 有用時配線、【橙線】 無線 になります。


DSのコントロールは主にMac・PCからKinskyDesktopまたはiTunes(AirPlay)で行っています。この両プレイヤーソフトは頻繁にアップデートを重ねていますので、その時の印象がプレーヤーソフトの性質と受け取られがちなところですが、必ずしもそうでない点を前提で雑感を述べるとしますと・・・



AirPlayの方が無線でのつながりが良い気がします。もっともLINNの推奨する配線は有線なので、その点ではHub有線配線(NAS-DS)の方がトラフィックで気にならなかったことが裏付けされている様に感じます。故にフェアな雑感ではないですね。しかしAirPlayも稀にスリップしますので、環境に起因する無線のデメリットといわれればこの点なのでしょうね。



プレーヤーソフトの音質に違いがあるのか?と問われれば、有る様な無い様な・・・いや、ある様な気がしてきました。KinskyDesktopの方が空気感とバランスが上手いのかな。iTunesの方はリアリティ、音像表現かな、と。iTunesの方が音がフラット傾向な気がします。



【緑線】ですが、電子ピアノを弾く時に利用しています。DTMです。
以前はMacbook+Firewire + Audio I/O 接続すると、電子ピアノとiTunesの音が同時にスピーカー/モニターから重なって出ていましたが、DS導入後は、iTunes(AirPlay)の音はスピーカーから、Audio I/Oの音はモニターヘッドフォンから、という音の出方になり、ちょっぴり新鮮♪ KinskyDesktopとiTunes(AirPlay)はNAS環境ではDMCなのだ、ということですが。



雑感の結びですが、操作性も申ことながら、ハード系の静音化によるオーディオ音質の向上は、DSのバーンインの音を聴きながらも確認しているところです。例えば、随分昔に購入したスリ傷だらけのCDをリッピングしてDSで再生すると、古ぼけたアルバムの中に音の多さと空気感の良いサウンドを再発見し、フムフム感じる今日この頃なのです。



追記:2011.12.13

その後の経過ですが、DS、AirPlayでの再生中の音切れ、スリップ共に無くなりました。
その間の出来事と対応ですが、
・無線LAN子機をリ・スタート。
・LINN Config、Appleの各アップデート。
・AirPlay中にスリップした音源の再リッピング。
どのアクションで修正できたのか?特定はできませんでしたが、この3点はベーシックなチェック事項ですね。
更に、NASやメディアサーバー(Twonky)のファームウェア更新も時期が来ればありますので、ソフトウェアのアップデートによるミュージックプレイへの影響は今後も大なり小なりありそうですね。





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る