INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。 


「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。
「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」



「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。
「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。



窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。
車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」
「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」



電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。
エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。



僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。


 *この物語はフィクションです。




関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ
コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ




LINN SNEAKY MUSIC DS -No.16 システムとネットワークの見直しと雑感編



SNEAKY DSを使うなかでのシステムとネットワークの変更点と雑感をレビューです。


まず、NAS QNAP TS-119を別室(CTU、ルーター横)に移動しました。理由は、
1. 家族がネットワークオーディオを利用する様になったこと。
2. NASのHDDの音が気になる。

1. は以前の投稿内容ですが、NASでの音楽、写真、動画、ドキュメントファイルを家族で共同管理することを私は歓迎しています。2. は自室が遮音性が比較的良い空間で屋外音が然程気になりません。そんな中で、NASのハードディスクがキュルキュル音を立てることが、どうにも・・・。ハードディスクの個体差なのかもしれませんが、NAS本体はファンレスなので無音です。


■変更前




■変更後

【黒線】 常時配線、【緑線】 有用時配線、【橙線】 無線 になります。


DSのコントロールは主にMac・PCからKinskyDesktopまたはiTunes(AirPlay)で行っています。この両プレイヤーソフトは頻繁にアップデートを重ねていますので、その時の印象がプレーヤーソフトの性質と受け取られがちなところですが、必ずしもそうでない点を前提で雑感を述べるとしますと・・・



AirPlayの方が無線でのつながりが良い気がします。もっともLINNの推奨する配線は有線なので、その点ではHub有線配線(NAS-DS)の方がトラフィックで気にならなかったことが裏付けされている様に感じます。故にフェアな雑感ではないですね。しかしAirPlayも稀にスリップしますので、環境に起因する無線のデメリットといわれればこの点なのでしょうね。



プレーヤーソフトの音質に違いがあるのか?と問われれば、有る様な無い様な・・・いや、ある様な気がしてきました。KinskyDesktopの方が空気感とバランスが上手いのかな。iTunesの方はリアリティ、音像表現かな、と。iTunesの方が音がフラット傾向な気がします。



【緑線】ですが、電子ピアノを弾く時に利用しています。DTMです。
以前はMacbook+Firewire + Audio I/O 接続すると、電子ピアノとiTunesの音が同時にスピーカー/モニターから重なって出ていましたが、DS導入後は、iTunes(AirPlay)の音はスピーカーから、Audio I/Oの音はモニターヘッドフォンから、という音の出方になり、ちょっぴり新鮮♪ KinskyDesktopとiTunes(AirPlay)はNAS環境ではDMCなのだ、ということですが。



雑感の結びですが、操作性も申ことながら、ハード系の静音化によるオーディオ音質の向上は、DSのバーンインの音を聴きながらも確認しているところです。例えば、随分昔に購入したスリ傷だらけのCDをリッピングしてDSで再生すると、古ぼけたアルバムの中に音の多さと空気感の良いサウンドを再発見し、フムフム感じる今日この頃なのです。



追記:2011.12.13

その後の経過ですが、DS、AirPlayでの再生中の音切れ、スリップ共に無くなりました。
その間の出来事と対応ですが、
・無線LAN子機をリ・スタート。
・LINN Config、Appleの各アップデート。
・AirPlay中にスリップした音源の再リッピング。
どのアクションで修正できたのか?特定はできませんでしたが、この3点はベーシックなチェック事項ですね。
更に、NASやメディアサーバー(Twonky)のファームウェア更新も時期が来ればありますので、ソフトウェアのアップデートによるミュージックプレイへの影響は今後も大なり小なりありそうですね。





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release