INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.4 調整、音出し編



前回忘れていました、水平器で四隅の水平確認。大丈夫そうですね。

自作オーディオラックの天板素材は、ナラ集成材24mm厚、耐震クッションを敷いています。(実はプレーヤーを設置後、ラックに軋みが出て来たので改修しました。その模様は後日別投稿にて。)



シンプルな説明書(コピーじゃん!)を読みながら調整してみましょう。



先ず、プラッターを固定します。付属のスポンジを使うようですが、上手く固定できませんでした。



次に、針調整シートを使いカートリッジのポジションを決めます。アームが傾斜しています。これを調整したいのですが・・・



取説が大雑把過ぎ!
”自力でやってみる”ことがどうやら最良な方法かも!?しれません。




計器目盛りがありません・・・(汗;) 2つある六角ビスの一つをレンチで緩めると、アームの腰高さとリフターの左右が調整できました。

針圧の調整です。アームのバランスウェイトを僅かに押したり引いたりして調整します。SHURE M-97XEはスタビライザー付きですが、使わない時の針圧1.25gを基準にしました。




アームの水平調整がやっと出来ました。更に針圧の微調整は、もう一つの六角ビスをレンチで動かすことの様です。フル・マニュアル・プレーヤーですね。
いよいよ音出し。アンプはJeff Rowland CAPRISのフォノ。ターンテーブルを勢いよく手回し、トーンアームを盤の縁まで持って行きます。そしてリフトレバーを倒すと、静かに針が盤へ降りてゆきます。





静寂の中から、しなやかで腰の据わったサウンド。ウォームでサウンドステージが広く、低域の量感、中域の張り、高域の伸びがいい感じです。アナログ盤、癖になる心地よいサウンドですね♪

つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.5 45rpm編です。

コメント

ラベル別INDEX

もっと見る