INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-2 エンクロージャー突き板研磨編



 さて、突き板貼りの次は研磨作業。ポイントは隅をキレイにそろえること。表面の凹凸はどうにでもなります。




 研磨用スポンジブロックサンダー。細目・中目・荒目と3種ありサンドペーパーより使いやすいです。






 写真は中目と粗目。紙やすりと比べて作業効率がUP。作業ポイントの隅もこれを当初から使っていれば良かったと思います。






 研磨スポンジともう一つウッドパテ。突き板の割れや接合に使用。このパテは単独で使うよりも、木工用ボンドを少し混ぜて使うと付きが良くなる。






 研磨後のクローズアップ。 縦と横の突合せ部分の作業。突き板に裏が付いていないので、突合せ部分を研磨中に何度か割れが生じた。で、工夫したのが、突合せ部分に先ほどのウッドパテ+木工用ボンドで埋めて、研磨するというもの。しっかり接着しているので、割れにくい。ウッドパテ部分が白っぽく浮いているが、少し遠目で見るとわからない。

 翻って、隅の作業は骨が折れる。突き板が割れてはパテ埋め、乾燥、研磨を何度か各所で繰り返した。いっそのこと、シートを使うか?塗装するか?も途中で考えましたが、今回は無垢の良さを体験してみたかったのでそうしました。最終仕上げは蜜蝋ワックスを考えているので、パテ部が目立つ心配もあるが・・・。(パテよりとの粉がいいかもしれません)


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-3 エンクロージャー バインディングポスト穴開口編です。




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release