INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。 


「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。
「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」



「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。
「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。



窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。
車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」
「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」



電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。
エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。



僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。


 *この物語はフィクションです。




関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ
コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ




私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-2 エンクロージャー突き板研磨編



 さて、突き板貼りの次は研磨作業。ポイントは隅をキレイにそろえること。表面の凹凸はどうにでもなります。




 研磨用スポンジブロックサンダー。細目・中目・荒目と3種ありサンドペーパーより使いやすいです。






 写真は中目と粗目。紙やすりと比べて作業効率がUP。作業ポイントの隅もこれを当初から使っていれば良かったと思います。






 研磨スポンジともう一つウッドパテ。突き板の割れや接合に使用。このパテは単独で使うよりも、木工用ボンドを少し混ぜて使うと付きが良くなる。






 研磨後のクローズアップ。 縦と横の突合せ部分の作業。突き板に裏が付いていないので、突合せ部分を研磨中に何度か割れが生じた。で、工夫したのが、突合せ部分に先ほどのウッドパテ+木工用ボンドで埋めて、研磨するというもの。しっかり接着しているので、割れにくい。ウッドパテ部分が白っぽく浮いているが、少し遠目で見るとわからない。

 翻って、隅の作業は骨が折れる。突き板が割れてはパテ埋め、乾燥、研磨を何度か各所で繰り返した。いっそのこと、シートを使うか?塗装するか?も途中で考えましたが、今回は無垢の良さを体験してみたかったのでそうしました。最終仕上げは蜜蝋ワックスを考えているので、パテ部が目立つ心配もあるが・・・。(パテよりとの粉がいいかもしれません)


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.6-3 エンクロージャー バインディングポスト穴開口編です。




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release